人外☆にーさん

アクセスカウンタ

zoom RSS 靖国神社は少し軽くなったようです

<<   作成日時 : 2014/09/20 21:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 4

秋のお彼岸になりました。
お彼岸は本来仏教のものですが、「亡くなった方」と言う括りで読んでください。
(本当は、お盆明けに書く筈だった orz)


人外さま情報によると、どうやら靖国神社が少し軽くなったようです。
その役割や歴史などの「重み」が無くなったと言う意味ではありません。
特に今年はレイテ島周辺から帰って来られた方々が多いにも関わらず、
中に祀られていた方々が例年よりも多く上に上がられたようなので、
軽くなったようです。

勿論、これは良いことです。

今、日本と言う国を顧みる人が増えてきています。
そんな中で、太平洋戦争は避けて通れない歴史上の事象の一つです。
多くの人たちが「見聞きしたことがある」から「知る」ことに変わるだけで、
現実の世界でも、非現実の世界でも、大きな変化をもたらします。
特に「正しく知る」ことは、何事においてもとても大切なことなのです。
(※でも同情しすぎると良くない)

家族を亡くしていた英霊の方々でも、たとえ血は繋がっていなくとも、
自分や家族に似た人達に、気に留めてもらえるのが嬉しいと思ってしまうのは、
生きている人も亡くなった人も同じですw


そもそも愛国と軍国はイコールではありません。
あえて一緒にしたがる団体が、色々ありますけどね。

家族を愛する。
故郷を愛する。
その延長線上にある「国を愛する」

国を守ってくれた人に「ありがとう」
国を守る途中で亡くなった方に「安らかにお眠り下さい」
それらの行為自体を忌み嫌う人は、どういう人なんでしょうね?


先日、戦後70年になる来年、天皇皇后両陛下がパラオへ慰問に向かわれるとの発表がありました。
そのことにより、ようやく終戦を迎えることが出来て、帰って来られる方や、
上がられる方々も多数おられることでしょう。

来年、70年と言う区切りを迎えて、また少し軽くなるかもしれませんね。
機会が無くて行けない方は、これを機会に行かれるとよいかもしれません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。
以前、
「幼い頃から太平洋戦争などに関心が強く、靖国神社や東京都慰霊堂にもよくお参りする」
と書いた時、寝子さんから
「もしかしたら、呼ばれているのかも知れませんね」
というようなレスをいただいたことがあります。

それから程なくして、職場が市ヶ谷になりましたw
靖国神社まで目と鼻の先なので、昼休みに遊就館のゼロ戦を眺めたりしてますよ。
もちろん、お参りもします。

8月15日の終戦の日は仕事帰りに行ったのですが(夕方以降は神社に行くべきではないと聞きますが、特別な日だし、昼には行けなかったので)、ご年配の方から若者たちまで、大勢の参拝者がいました。
ものすごい混雑なのに、誰も文句を言わずに静かに並んでいて、厳粛な気持ちになりました。
例えニュースで大々的に報じるから興味本位で来ただけの人がいたとしても、こうしてこの場に集い、手を合わせて行くというそれだけで、どれだけの魂が救われるんだろうと考えると、涙が溢れて来ました。

終戦記念特番では、パラオの話をやってましたね。
事実との相違はいくつか見られましたが(恐らく予算という大人の都合w)、現地の住民を全て避難させて、帝国軍人として戦い抜いた方々がいることは、もっと知られてしかるべきだと思います。
天皇皇后両陛下がパラオへ慰問に向かわれると決められたのも、きっと見えない世界も含めて、そういうタイミングなのでしょうね。
あお
2014/09/21 09:09
映画「永遠の0」がヒットした関係で永遠の0ごっこ?(故人の軍歴追跡、照会)が流行っている。と今年の5月頃に報道されて、わたしも母方の祖父と父方の伯父を調べてみて、詳しい死因や亡くなった場所、部隊の目的や動き。が靖国神社の偕行文庫の室長さんや都庁、県庁の担当の方のおかげでわかり、親戚にも教えて感謝されました。
このエントリーを読んで、お爺さんと伯父さんが自分達の最後の様子を子孫に知ってもらえて満足して昇ってくれていたら良いな、と思いました。
nyaon
2014/09/24 18:59
以前の記事なのでコメントをつけるのも少々迷ったのですが、あえて。
寝子さんは、艦隊これくしょんというゲームをご存じでしょうか? 第二次大戦時の船を女の子に擬人化し、米軍…ではなく深海悽艦と呼ばれる謎の艦隊から制海権を取り戻していくゲームです。相当な人気を誇るゲームで、未だに人数制限がかかっております。

勿論ただのゲームなのですが、ゲームによって第二次の様々な船を知り、各船の歴史を知り…と、第二次に思いを馳せる方が増えた一端には、きっとこのゲームの存在もあるのではないかと。
いえ、在ればいいなと思います。

ご参考までに。
わかめ
2015/01/14 01:01
わかめ様
艦これは知ってますw
萌え化、擬人化と言うことで、不快に思われる方もいるようですか、
逆にそれがかつての艦やそれにまつわることを知るきっかけになったり、
ハードルを下げていることは否めませんね。

以前書いたように、「忘れられるくらいなら」と言う誰かの思いがあるのかもしれません。

そもそも萌え化、擬人化なんて、江戸時代にはあったわけですし、
今更、めくじらを立てても、と言う気もしますw

それにしてもこのゲームは、太平洋戦争時に、
実際に載ってられた方や設計に携わった方も、提督になられているとか。
じいさま達、かっこいいですw


寝子 「話は聞いた。モエヨロズノカミの仕業だ」
ΩΩΩ「ナ、ナンダッテー!!」

※現在の日本には、ヤオヨロズノカミ以外に、ヤオイヨロズノカミ、モエヨロズノカミがおられるそうですw
寝子
2015/01/18 22:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
靖国神社は少し軽くなったようです 人外☆にーさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる