人外☆にーさん

アクセスカウンタ

zoom RSS 肉食と血と穢れについて

<<   作成日時 : 2009/10/28 20:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

にーさんは何でも食べる。
お好み焼き(ぶた玉)を食べた。
スーパーで牛肉のパックを見て、旨そうだと思っていた。
肉食に関しては、タブーがない???
あれ?
四足は食べないとか、いやそもそもベジタリアンとかじゃないのか?
で、尋ねてみた。
(要約版はこちら)


「いいや」とあっさり肉食肯定。
しかも「しし鍋旨いぞ」とさえw
「でも肉食は穢れるとか言うじゃないですか」
すると軽〜く鼻で笑われた。

では穢れとは何だ?
屍に生えた草木に成った実は、穢れているのか?
肥えを撒かれて育った草木の実は?
ミミズや虫を食う鶏は? 卵は?
小魚を食う魚は?
土左衛門(どざえもん…水死体のこと)に群がる魚は?

にーさんに言わせると、植物すら雑食で、
死体を埋まった側の草木は、その腐肉を養分としている→ある意味肉食。
(動物は口で肉を噛み、胃や腸で消化、そして吸収。でも植物はその作業を外部の生物群が行っている)


血に塗れた肉片を目の当たりにして、多くの人は顔をしかめて目を背けるだろう。
だが同じ肉片でも、血が拭い去られ、小奇麗な皿に盛られ、薬味を添えられ、盛り付けられれば、旨そうに思わないか?
更にそれが名のある料理屋の一品だとしたら、もっと多くの人が食べたくなるであろう?
旨そうに思うと言うことは、「これは危険ではない。むしろ体に取り込みたい」と本能や記憶が思っていることだ。
それはつまり死肉を嫌っているのではなく、血に塗れた状態を嫌っているとは思わぬか?

肉体を持つモノすべてにおいては、血が流れると言うことは死に至る危機が近付いたと言う証。
人の知恵はそれを見聞きし、強く記憶している。
だから血が流れることを恐れ、血を見ることを嫌う。


だが血と穢れは、全く切り離せる物でも無い。
それは生き物を殺すと言う行為に、関わってくるからだ。

今の世なら、即座に命を奪うことも可能だが、昔は弓や槍。それも刃が鋭かったわけではない。
鉄砲ですら一撃と言うのはない。
絶命までに、時はかかるし、おびただしい血を流すことが当たり前だった。
殺すのも苦痛、殺されるのも苦痛。

また苦しみが長ければ長いほど、それだけ「恨」が深まり、皮、血肉、骨にまでも残る。
その「恨」こそが「穢れ」と呼ばれる物の素。
だからそれを鎮める為に、感謝し、祀る。


この国の肉食の禁止は、そもそも仏の教えが広めたものだ。
それが来ぬ前には神に獲物を捧げ、人もそれを食していた。
そう、皆で分かち合って食べていたのだ。
(確かに貝塚などからは、鹿や猪を食べた後の骨が出ています)

あの時の人々が、菜食主義とやらを押し付けている人々より穢れていると思うか?
己が利益の為に、殺してよい生き物と殺してはならぬ生き物とを決めるのは、良いことなのか?
俺は我儘で、動いている(主張・行動している)ようにしか思わんがな。


食べるとは、
鳥、獣、魚、草、木などの体の一部、あるいはその体の全て、その命を喰うこと。
苦しまぬようにして喰うのが、喰うモノの礼儀。
そして喰うたからには、精一杯生きること。
それが「食べる」と言うことであり、「生きる」と言うことだ。


肉の喰う喰わぬなんぞ、好き好きでいい。
「ぐだぐた言ってないで、ありがたく頂いて、次に続く者への道を作れ」ってことです。


尚、にーさんに
「今の鶏のほとんどは穀物飼料で屋内での大量飼育、虫なんか食べないよ」と突っ込んではいけませんw

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
人が生きるために命を必要とすることを罪とする教えがずっと息苦しかったです
「じゃあなんでそんな悲しい生き物に作る必要があったのさ!神に似せて作ったんじゃないのかYO!!」

女は魔縁で穢れだからそのままでは仏になれない、
穢れてる時の女は神社にも参拝しちゃ駄目という教えにずっと納得がいきませんでした
「女がいるからあんたら男も生きてんじゃん!
血を流すから女が穢れてるならあんたら男も穢れるて理屈に気付けYO!!」

ずっと納得がいかなかった筋の通らない考え方。
神道、というか自然はもっと命そのものに前向きなはずだと感じるのに、
自分には歪だと思える考え方が一般的で、
じゃあ菜食じゃない俗人間の女な自分は罪悪の固まりかYO!?と
そうした話題に触れるたびにフンガーフンガーー!フランケンになると同時にとても悲しい思いでした


寝子さんを通して伝えてもらえる話しの数々のおかげで、
漠然とした感覚でしかなかったものをしっかりつかめたり、
厳しい、耳に痛いお話で弛んでる自分に気付けたりと、
有り難いやら忝いやら、ほんとにお世話になっております。m(_ _)m
雲丹
2010/01/16 15:26
肉・血・女性・穢れ…
それを同一で考えたりする人はいますよね。

しかし生物としては、ミトコンドリア由来のDNAは、女性でしか受け継がれない事実があります。
(DNA鑑定で調べる際には、直系と思われる女性のそれと比較する)
だから本当は女性と言うのは、胸を張っていいのですよ。

生理と言う、女性特有の体の仕組みを、昔の人が誤解し、
それが今まで男尊女卑に繋がっているのは、とても悲しいことです。

でも今は、科学と言う新たな力を得て、悪いところは改善していくべきでしょう。
後々の人達に、悲しい思いをさせない為にも。
観察者
2010/01/16 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
肉食と血と穢れについて 人外☆にーさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる